ニッポンの文化財に泊まろう!

「文泊」プロジェクト



日本の素晴らしい文化を伝えるステイやツアーを国内外からの旅行者や留学生提供するサービス。

外からの目を通じて、日本文化を再編集していくことで、新しい価値を見出し、子供の世代によい日本文化を残すとともに、海外で日本を説明できる本来のグローバルな次世代を育成することを目的として立ち上げたプロジェクトです。地元の女性が中心となって、来訪者をおもてなしするしくみを目指しています。

 

「文泊」とは?

ホンモノの日本文化財に泊まれる宿泊体験のことです。

外から眺めるのではわからないディープなニッポンを知ることができます。

 

日本に訪れた海外からの旅行者に、「日本は好きですか?」と聞くと、「好き」と答えてくれる人もたくさんいらっしゃいます。

その「好き」の理由を聞いてみると、「他人への気づかい」「丁寧さ」「おもてなしの心」「清潔さ」「自然との調和」などだとおしえてくれました。

 

これらはすべて「日本の文化」が根本にあり、単に名所旧跡に行き写真を撮ってもわからないことでもあります。そこで、私たちは「文泊」を企画し、日本のよりディープな一面に出逢ってもらえるようなプログラムを考えました。

 

宿泊先である「神社」は、日本文化のもっとも古い集積地であり、ここに泊まり宮司の話をきき多少の仕事をしてみることは、日本人の考え方や習慣の元に触れるまたと無い「知」の探求の機会でです。

 

逆にいえば、日本文化への好奇心が無い方や、通常のホテルのような内容を求める方には、設備もサービスも不満な宿泊施設になると思われるのでおすすめいたしません。

 

社泊

神社に宿泊する。

ただ泊まるのではなく、神事のお手伝いや神主さんとの交流を通じて、より相互理解を深めていくプログラムです。